初心者でも育てやすい花

>

簡単に育てられるメリット

頻度をきちんと守ろう

置き場所が決まったら、後はそれほど手間を掛けなくても、胡蝶蘭は自然と大きく育っていきます。
むしろ人間が手をかけると成長を邪魔してしまう可能性があるので、見守るだけに留めてください。
水やりは必要ですが、毎日ではありません。
1週間から2週間に1回で十分でしょう。
それ以上の頻度で与えると、根が腐ってしまうので気を付けてください。
また、肥料も与えなくて大丈夫です。

前述のように手間も費用も掛からず、初心者でも非常に育てやすい植物と言えますね。
中には1人暮らしで、家を空ける時間が多い人がいると思います。
普通の植物は毎日水やりをしなければいけないので、なかなか育てられなかったでしょうが、胡蝶蘭であれば問題ありません。

意外とコンパクト

胡蝶蘭の花が咲いた姿は、大きくて豪華です。
一方で花が咲いていない時期は、とてもコンパクトな姿をしています。
コンパクトなため狭いスペースでも置けますし、邪魔になりません。
ちなみに根は、手のひらに乗るサイズと言われています。
花が咲く時期が近づくと、花茎が大きく成長していきます。

花が咲いていない時期は地味なので、部屋の隅に置いても良いでしょう。
花が咲いてから、目立つ場所に持ってきても良いかもしれません。
また、胡蝶蘭のサイズには、さまざまなものがあります。
大きなものから小さいものまであり、デスクの上に置けるサイズも存在します。
事前に置く場所を決めて、そこに収まる胡蝶蘭を購入してください。
デスクの上に置くと、仕事をしている時に見られるので良いですね。


この記事をシェアする